GWに益子陶器市へ

このGWは、ずーっと行きたいと思っていた益子の陶器市へ行ってきました。静かな駅周辺からは想像もつかなかったですが、中心部はものすごい陶器の数! とにかく広範囲にわたり膨大な出展数で圧倒されました。

今回求めたのは
前田美鈴さん
四百窯 近藤康弘さん
の器。

たくさんの器の中から選んだのは、どれも自然な土と釉、形の素朴さがあります。
改めて渋好みだと気づかされました。。しかしとにかくこの器たちはお料理をものすごく引き立ててくれます。

さて益子は陶器だけでなく古道具・古本店、カフェも充実していて、あちこち目移りして一日では見たりないほどでした。
後ろに写っているのは裁縫箱。こちらも前々から行ってみたかった「仁平古家具店」にて購入。

170513__2

|
|

4月30日不忍ブックストリート一箱古本市に出店しました

4月30日に行われた不忍ブックストリート一箱古本市に参加しました。昨年に引き続き、「ほくろ堂」さんとわたし「わくろす文庫」とのユニットで『●×文庫(まるばつぶんこ)』として、谷中の家での出店でした。いつもながら本を通してお客様と対話が広がってゆくのが楽しかったです。そしてなんと古ツア賞をいただいてしまいました。思いもかけない受賞に感激! 好きな本を自由に並べた箱ではあるのですが、古ツアさんのコメントが本当にうれしく、改めて古本の楽しさや面白さを感じているところです。
手に取っていただいたお客さま、大家さん、助っ人のみなさん、店主のみなさんありがとうございました。

170430__2

|
|

色彩を少し

東京は桜が見頃ですね。うちの窓からもぽつりぽつりと外の桜が見えます。花曇りの空に淡いピンク色がきれいです。

さて昨年は転居しばたばたしていましたが、北向きの安定した光の入る窓辺にワークスペースを確保し、製作環境が整ってきました。今日はブローチ用に少し刺しました。和 x cross(わくろす)作品はこれまでモノトーンの糸で刺すのが基本でしたが、このところ少しずつ色彩を取り入れています。写真では分かりづらいですが、左上の作品は桜色の糸も使っています。濃いピンクのベース生地には淡いグレーの糸を使いました。色は難しいですが、それだけでワクワクもしますね。少しずつ幅を広げてゆきたいと思います。

170409__2

今日のお昼のピーナツバターと自家製イチゴジャムのサンドイッチ。
170409_jpg

|
|

雑司ヶ谷手創り市、ありがとうございました。

6月19日は雑司ヶ谷手創り市に参加してきました。暑さを心配しましたが大きな木に守られた出展場所は快適そのもの。樹木からの香りも心地よくて素敵な空間でした。その木々から時折ちいさなものが降って来て、よく見れば、造形がとても精巧で美しく思いがけず素敵なディスプレイになりました。
みなさんとの会話からデザインやモノ作りの姿勢に考えさせられつつ、また新しいアイデアも出てきました。今回もたくさんの方にご覧いただきうれしかったです。ありがとうございました。

160622_

160622__2

160622__3

|
|

6月19日 雑司ヶ谷手創り市に参加いたします

今度の日曜日、雑司ヶ谷の手創り市に出展できることになりました。

梅雨ですが今のところ日曜日の天気は大丈夫そうです。よろしければ是非遊びにいらしてください。ブースNo.43でお待ちしています。

サイト
http://www.tezukuriichi.com/home.html

出展者一覧
http://www.tezukuriichi.com/0619.html

冬の出展でご用意していたちょっと小さめのコースター。夏用に木綿の草木染めの糸で刺してみました。Image


|
|

不忍ブックストリート一箱古本市終了しました

5月3日に行われた一箱古本市、晴天に恵まれ、しかも暑すぎずとてもよい一日になりました。わたしたちが出店したギャラリーKINGYOも早いうちからお客様にいらしていただき、終日にぎわっていました。たくさんのみなさんにお選びいただき、本を通して楽しい交流が持て、とても充実した一日になりました! 大家さん、助っ人のみなさん、店主のみなさまありがとうございました。

160508_

|
|

5月3日不忍ブックストリート一箱古本市に出店します

GWに入りさわやかな日が続いています。今年も5月3日に不忍ブックストリート一箱古本市に出店します。今回は、「ほくろ堂」さんとわたし「わくろす文庫」とのユニットで『●×文庫(まるばつぶんこ)』として、ギャラリーKINGYO前の出店です。 ほくろ堂の「てぬぐいミニ冊子」や、わくろす文庫による「手製の豆本」も並びます。ぜひ遊びにいらしてください。

●不忍ブックストリート
http://sbs.yanesen.org/
●2016年 第18回 一箱古本市 店主一覧
http://sbs.yanesen.org/?page_id=4154

↓今年の豆本は一箱にちなんで「箱」というタイトルで作ってみました。
160501_

|
|

「yutorino」さんでお取り扱い開始しました

東京は桜も満開を過ぎ、いよいよ春本番ですね。

さて、東京 足立区にある「心地よい暮らしの道具店 yutorino」さんで
新規にお取り扱いいただけることになりました!

実店舗に加え、この春ネットショップも展開され、
紹介いただいています。

是非ご覧頂ければうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

●心地よい暮らしの道具店 yutorino
http://yutorino-kurashi.jp/

↓「和 × cross」の紹介はこちらです
http://yutorino-kurashi.jp/?mode=grp&gid=1354175&sort=n

|
|

ミモザ色

あれよあれよという間に1月も最終日。まだまだ寒いですが、今日は春の準備もしたいなーという気分で、ミモザ色の糸で刺してみました。

160131_

さて、2月21日は、雑司ヶ谷手創り市に参加させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
※天候により中止になる場合があります。

●雑司ヶ谷手創り市
http://www.tezukuriichi.com/home.html

●2月21日出展者一覧
わたしは鬼子母神会場ブースNo.55(和×cross)です。
http://www.tezukuriichi.com/0221.html

|
|

1月17日に雑司ヶ谷手創り市に出展しました

はじめての冬の出展。お日様が陰ると寒さがしみましたが、それでも風もなく冬としては手創り市日和だったかなーと感謝です。たくさんのみなさんにご覧いただきありがとうございました。

今回は新しく作った「冬のコースター」を並べました。羊毛とアルパカ50%ずつのあたたかい糸で、みっちり刺しました。刺繍で作りだされるポコポコとした立体感で糸の表情に味わいが出ました。お茶やお酒の時間、ゆっくりと。器との組み合わせも楽しめるのではないかなーと思います。

このコースターはちょっと小さめなのですが、「銅製の小さな器にのせて、その上にガラスのコップを置きたい」とおっしゃっていただいた方がいらっしゃいました。作品をご自身の暮らしの具体的なシーンに組み合わせていただけるのが嬉しいです。

昨夜から東京でも雪が降りまだ寒さが続きますが、春に向けての準備も少しずつしていきます♪

展示の様子です
160118_

160118__2

市松柄コースターの表と裏
160118__3

|
|

«冬じたく